保湿のNG行為

美しい肌を保つためには保湿は欠かせません。しかし、日々の生活習慣によってその肌は傷つけられがちです。そして、さらに気を付けたいのが、その傷ついた肌を手入れするために行ったケアが間違えているという事態です。日頃の保湿ケアのありがちなNG行為とはどのようなものがあるのでしょうか。

水まず、洗顔に使う水の温度です。特に寒い時期はお湯を使ってしまいがちですが、お湯は肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。皮脂は余分なものだと思って、どんどん落としてしまうと有効なバリア機能まで剥がしてしまい、結果乾燥肌へと一直線という可能性も生まれてしまうのです。そのため、お風呂のお湯をそのまま洗顔に使うのはNGです。洗顔にはぬるま湯を使用するようにしましょう

また、洗顔を終えた後にタオルでゴシゴシと水分を拭き取るのも肌に負担がかかります。顔の皮膚は体よりも薄いため、優しい対応が必要なのです。そっとタオルで水分だけを吸い取るような形で顔を拭くようにしてください

保湿のために必要な洗顔について、ありがちな2つのNG行為について説明させていただきました。顔の肌はとてもデリケートなものです。繊細に丁寧に扱うことを心掛けましょう。

つづいては日本の夏の保湿ケアについて紹介します。