アトピーの保湿ケア

アトピーの女子アトピーは多くの人が悩む皮膚疾患の1つです。その原因には皮膚のバリア機能が関係していると言われています。その皮膚のバリア機能を正常に保つために必要だと言われている肌の保湿ケア。一体肌のバリア機能と保湿ケアにはどのような関係性があるのでしょうか。

一般的に、アトピー性皮膚炎の人の皮膚の状態はバリア機能が弱まっていると言われています。そのため、外に水分が出てしまい乾燥するのです。その乾燥した皮膚は刺激物質が外部から侵入しやすい状態となっています。その刺激がかゆみとして感じられ、そこで皮膚を書いてしまうと傷が生じてしまい、皮膚の状態が悪化します。こうして悪循環を引き起こした皮膚は、ますますかゆみを引き起こしてしまうのです。

こうした状態にならないためには、皮膚のバリア機能を正常に保つことが重要です。そのために基本となるのは入浴と保湿です。入浴する際にはしっかりと泡立てることが重要です。しっかりと泡立てたら、それを指の腹でしっかりと洗います。入浴した後はすぐに保湿剤を塗りましょう。入浴後は皮膚の油分が洗い流されているため、保湿は大切です。5分以内に全身に塗るように心がけてください。保湿剤によっては肌に合っていない場合もあるので気を付けましょう。

関連LINKみんなの肌潤糖