アトピーの保湿ケア

アトピーの女子アトピーは多くの人が悩む皮膚疾患の1つです。その原因には皮膚のバリア機能が関係していると言われています。その皮膚のバリア機能を正常に保つために必要だと言われている肌の保湿ケア。一体肌のバリア機能と保湿ケアにはどのような関係性があるのでしょうか。

一般的に、アトピー性皮膚炎の人の皮膚の状態はバリア機能が弱まっていると言われています。そのため、外に水分が出てしまい乾燥するのです。その乾燥した皮膚は刺激物質が外部から侵入しやすい状態となっています。その刺激がかゆみとして感じられ、そこで皮膚を書いてしまうと傷が生じてしまい、皮膚の状態が悪化します。こうして悪循環を引き起こした皮膚は、ますますかゆみを引き起こしてしまうのです。

こうした状態にならないためには、皮膚のバリア機能を正常に保つことが重要です。そのために基本となるのは入浴と保湿です。入浴する際にはしっかりと泡立てることが重要です。しっかりと泡立てたら、それを指の腹でしっかりと洗います。入浴した後はすぐに保湿剤を塗りましょう。入浴後は皮膚の油分が洗い流されているため、保湿は大切です。5分以内に全身に塗るように心がけてください。保湿剤によっては肌に合っていない場合もあるので気を付けましょう。

関連LINKみんなの肌潤糖


日本の夏の保湿ケア

ムシムシジメジメとした日本の夏。このような気候的特徴は肌に関しても決して無関係ではありません。夏の時期の保湿ケアを万全にしておかないと、肌の水分が奪われてしまうのです。では、どのような場面に注意すべきなのでしょうか。

まず、エアコンが効いているため室内はとても乾燥した状態になるのが日本の夏の特徴です。乾燥して涼しい室内空間は快適ですが、長時間いることで肌の水分はどんどん奪われていきます。表面が乾燥することで皮膚が足りない水分を分泌するため、結果皮脂が増えてしまうという結果になってしまうのです。

オリーブオイルこのような事態を防ぐために効果的だとされているのが保湿アイテムのオイルです。オリーブオイルやホホバオイルなどを全身に塗ることで保湿ケアになります。また、これはメイクの上からも使用できるので、出先でも安心です。また、適度な水分補給をすることによって、内側から保湿ケアをすることが出来ます。喉が渇く前に意識して水分を摂るように心掛けましょう。

夏場は湿度が高いため、保湿ケアを怠りがちになる人もいます。しかし、環境によっては冬場並みの対策が必要になるのです。そのために保湿アイテムを有効に使い、水分をしっかりと補給するようにしましょう。つづいてはアトピーの保湿ケアについて紹介していきます。


保湿のNG行為

美しい肌を保つためには保湿は欠かせません。しかし、日々の生活習慣によってその肌は傷つけられがちです。そして、さらに気を付けたいのが、その傷ついた肌を手入れするために行ったケアが間違えているという事態です。日頃の保湿ケアのありがちなNG行為とはどのようなものがあるのでしょうか。

水まず、洗顔に使う水の温度です。特に寒い時期はお湯を使ってしまいがちですが、お湯は肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。皮脂は余分なものだと思って、どんどん落としてしまうと有効なバリア機能まで剥がしてしまい、結果乾燥肌へと一直線という可能性も生まれてしまうのです。そのため、お風呂のお湯をそのまま洗顔に使うのはNGです。洗顔にはぬるま湯を使用するようにしましょう

また、洗顔を終えた後にタオルでゴシゴシと水分を拭き取るのも肌に負担がかかります。顔の皮膚は体よりも薄いため、優しい対応が必要なのです。そっとタオルで水分だけを吸い取るような形で顔を拭くようにしてください

保湿のために必要な洗顔について、ありがちな2つのNG行為について説明させていただきました。顔の肌はとてもデリケートなものです。繊細に丁寧に扱うことを心掛けましょう。

つづいては日本の夏の保湿ケアについて紹介します。


保湿の大切さ

肌の乾燥は様々な不調の原因となるようです。うるおいが足りない肌は加齢を促進させると言いますし、バリア機能の低下でアトピーなどを悪化させるという意見もあるようです。このような事態を避けるためにはどのような対策を採れば良いのでしょうか。

泡まず、肌にとってNGなのがお湯を使っての洗顔です。お湯は肌のうるおいのために必要な皮脂まで洗いながらしてしまうため、ぬるま湯を使うようにしましょう。また、顔の皮膚はデリケートなため、タオルでゴシゴシと拭くのもNGです。水分を吸い取るように優しく使いましょう。また、乾燥といえば冬だと言われていますが、夏場も要注意です。エアコンの効いた室内は肌の水分を奪います。そのために保湿アイテムのオリーブオイルなどを使って対処することが必要となってきます。また、汗をかく夏場はアトピーを悪化させる季節にもなります。肌のバリア機能がよわまっている状態のアトピー肌には保湿の重要性がさらに高まります。入浴時にはしっかりと石鹸やボディソープを泡立てて、その泡を使って優しく洗うようにしましょう。また、入浴後は皮脂が取り除かれている状態になっているので、保湿は入浴後すぐに行うことが大切です

どのような年代、どのような性別の人にとっても乾燥肌にはメリットは少ないです。つまり、保湿対策をしっかりと知っておくことで、大切な人の肌を守ることにも繋がります。肌の悩みを持つ全ての人に、保湿についての記事を書かせていただきました。ぜひお読みください。