日本の夏の保湿ケア

ムシムシジメジメとした日本の夏。このような気候的特徴は肌に関しても決して無関係ではありません。夏の時期の保湿ケアを万全にしておかないと、肌の水分が奪われてしまうのです。では、どのような場面に注意すべきなのでしょうか。

まず、エアコンが効いているため室内はとても乾燥した状態になるのが日本の夏の特徴です。乾燥して涼しい室内空間は快適ですが、長時間いることで肌の水分はどんどん奪われていきます。表面が乾燥することで皮膚が足りない水分を分泌するため、結果皮脂が増えてしまうという結果になってしまうのです。

オリーブオイルこのような事態を防ぐために効果的だとされているのが保湿アイテムのオイルです。オリーブオイルやホホバオイルなどを全身に塗ることで保湿ケアになります。また、これはメイクの上からも使用できるので、出先でも安心です。また、適度な水分補給をすることによって、内側から保湿ケアをすることが出来ます。喉が渇く前に意識して水分を摂るように心掛けましょう。

夏場は湿度が高いため、保湿ケアを怠りがちになる人もいます。しかし、環境によっては冬場並みの対策が必要になるのです。そのために保湿アイテムを有効に使い、水分をしっかりと補給するようにしましょう。つづいてはアトピーの保湿ケアについて紹介していきます。